あなたとあなたのご家族にふさわしい、真に快適な住まいをお届けします。





「未来へ向けて」


多休日の定着やホームオートメーションの普及によって、余暇時間を家庭で過ごす内型レジャーが増えると予測されていましたが、果たしてそうなりました。

この傾向はこれからもっと強くなっていくでしょう

働く、眠る、憩う場に、住む人の個性と主張が生かされた空間が豊かな暮らしのエッセンスとして要求される傾向がさらに強くなるわけです。

例えば、広いコミュニケーションスペースや、ヘルスルーム、アトリエ、茶室など、趣味を楽しむ部屋が夢を大きく広げます。